当院の診療スタンス

患者様の歯を長く健康に保つことが私たちの目指すところです

大阪市阿倍野区の歯医者「脇歯科医院」では、「患者様の歯を長く健康に保つこと」をコンセプトとしています。そのため当院では、天然歯をできるだけ残すことに注力し、「なるべく削らない」治療を徹底。歯科医療の世界ではMI(Minimal Intervention:ミニマルインターベンション:必要最小限の処置)と呼ばれる治療に努めています。また、当院ではその他にも金属アレルギーや再発防止のためにメタルフリーの治療にもこだわっています。

MIやメタルフリーの治療がおすすめする理由

これまでは虫歯部分を補う詰め物や被せ物には金属を使用するのが当たり前でしたが、現在ではコンポジットレジン(歯科用プラスチック)での治療も選択できるようになりました。金属を使用した治療の場合は歯の虫歯部分だけでなく、健康な部分も削る必要があります。また、詰め物や被せ物をして治療を行った箇所も虫歯再発のリスクがあるのです。

最初は小さな虫歯の治療で詰め物を装着しても、再発によりまた削ることで大きな詰め物を入れることになります。しばらくしてまた再発した場合はまた歯を削り、今度は被せ物を装着。その後にさらに発症したときは、最終的には抜歯となってしまうケースもあります。治療により歯を削れば削るほど、健康な部分がどんどん減少してしまうのです。

「なるべく削らない」治療やメタルフリーを心がけた治療を行うことで、虫歯の再発のリスクを軽減し、ご自身の歯を残すことにつながります。

MI(削る量をできるだけ抑えた治療)について

MIとは「できるだけ歯を削らない」「できるだけ神経を取らない」「できるだけ歯を残す」という治療思想に基づいており、人にやさしい虫歯治療法といえます。

従来の治療との違い
【従来の治療】
金属の詰め物による治療
  【MIでの治療】
コンポジットレジンでの治療
従来の虫歯治療は、虫歯部分を削ったあと、治療箇所に詰め物や被せ物を装着し、削った部分を補います。その際、詰め物や被せ物をはめ込むためには、歯の外側を多めに削り形を整えなければなりません。また、詰め物や被せ物を外れないようにするために、健康な部分もかなり大きく削ることもあります。 従来の治療との違い 削るのは虫歯部分のみです。そこに練り物のようなコンポジットレジン(歯科用プラスチック)を詰め、特殊な光を照射し硬化させます。レジンがやわらかい状態で詰めるので、削った部分の入り口が狭い場合や広めの形状でも問題ありません。入り口を大きく削らないで済むことで、健康な部分を必要以上に削らないで済むのです。

メタルフリーについて

当院では、ほとんどの治療で金属を使用していません。つまり基本的にメタルフリーの診療をおすすめしています。その理由は、口の中に金属があるのは体にとって不自然な状態だからです。金属は経年によって少しずつイオン化して溶け出します。それが体内に吸収されることで金属アレルギーを引き起こすケースがあるのです。

虫歯再発のリスクについて

虫歯を金属で修復する際は、金属をセメントで合着します。このセメントは期間を経ることで溶け出すことがあり、虫歯との間にすき間が生まれることによって再発してしまうケースがあるのです。また、金属と歯は硬さが異なるため、摩耗の差により歯と金属の間にすき間が空くこともあります。すき間から汚れや虫歯菌が侵入する可能性があるため、再度虫歯にかかりやすくなるのです。

削る量をできるだけ抑え、金属を使わないコンポジットレジン治療

初期の虫歯の場合の治療には、コンポジットレジンの使用が可能です。金属を使用しないため、合着用のセメントも使用することがなく、歯とレジンのすき間が空くこともありません。虫歯再発のリスクを軽減できます。

また、歯の色に似た白い素材なので、銀歯のように目立ちません。虫歯部分を削ってからレジン充填までの一連の作業を続けて行えるので、1回通院で済みます。削る歯の量を抑えられ、治療期間が短く、そして目立たない仕上がりとなる優れた治療法です。

定期検診を受けましょう

  • 電話をかける
  • オンライン診療予約