メインテナンスの重要性

定期検診・メインテナンスについて

大阪市阿倍野区の歯医者「脇歯科医院」では、予防のための定期検診メインテナンスに重きを置いています。定期検診を受けることによって、お口の病気の早期発見・早期治療につながり、トラブルに関しても症状がひどくなる前に進行を止めることができます。

当院がお伝えしたいことは、「治療」が終わったらすべて「終了」ではないということです。治療後も長期間にわたって口腔内の健康を守っていくためには、メインテナンスが有効となります。そのために当院では、定期検診を受けることをおすすめします。

定期検診の必要性

定期検診の必要性虫歯や歯周病は再発しやすい病気です。せっかく治療をしても、またすぐに病気にかかったり、再発してしまったりしていては意味がありません。再発を防ぐために有効なのは、毎日のセルフケアと歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアの二つです。

プロフェッショナルケアを受けるということは・・・

定期検診を受けることと同意語です。定期検診では、歯科医師や歯科衛生士というプロフェッショナルの目で口腔内の変化を調べます。自分では気づきにくい変化も見つけることができるのです。そして、もしお口のトラブルに見舞われていたとしても、早期発見・早期治療につなげることができます。

また、定期検診と同時に歯のクリーニングを受ければ、虫歯や歯周病の原因菌が潜むプラークや歯石を取り除くことができるので、病気の予防に効果的です。「虫歯の治療が終わった」ときが「メインテナンス」の開始のときとなるのです。

当院では多くの方が定期検診を受けています

当院では、患者様に対して長期間にわたり歯を健康な状態に保つためには、定期検診やメインテナンスが必要であることをお伝えしています。病気を未然に防ぐためにも、日々の継続したケアにプラスして定期検診に通っていただき、メインテナンスの徹底をお願いしています。

定期検診の診断には痛みを伴いません。お口のチェックや歯のクリーニングを行うので、むしろお口がさっぱりして、スッキリします。数ヶ月に一度、お口の健康を確認し、きれいさっぱりリセットすることがおすすめです。

もし、定期検診を受けずにお口にトラブルが発生してしまった場合は、早期発見は難しく、痛みなどの自覚症状が出てから治療を始めることになります。早く治療を始めていれば比較的簡単な治療で済むところを、悪化させればさせるほど、通院回数も治療費もかさみます。定期検診を行わない方が金銭的にも身体的にも負担が大きくなるといえるでしょう。

虫歯にならないためにも重要な定期検診・メインテナンス

虫歯にならないためにも重要な定期検診・メインテナンス虫歯の治療の場合、虫歯部分を削り、詰め物や被せ物などで補綴します。この場合、補綴物を埋め込むために削った部分をきれいに整える必要があります。そのためには健康な箇所も削らなければなりません。治療により削った部分を補っても、元の健康な歯は失われてしまうのです。

さらにメインテナンスを怠り、治療箇所の近くが再び虫歯になった場合は、その部分を治療することでまた、ご自身の歯が小さくなります。つまり悪循環に陥ってしまうのです。

悪循環を避けるためには、歯を健康に保ち、虫歯にならないように気をつけて、削らないことに尽きます。そのためには、とにかく定期検診を受けることをおすすめします。定期検診での口腔内トラブルの予防に関しては、お気軽に当院までご相談ください。

  • 電話をかける
  • オンライン診療予約