歯を失った(インプラント・入れ歯)

歯を失ってしまった場合は、早めに治療で補いましょう

虫歯や歯周病や交通事故などのケガによって歯を失うことがあります。歯がなくても痛みがなく、見た目が気にならない場合はそのまま放置する方もいるようです。しかし、歯がないということは、口腔内だけでなく全身の健康にも影響をおよぼします。

歯が抜けるとその両隣の歯が傾き倒れ込んできたり、また噛み合っていた歯が伸びてきたりすることがあります。すると歯並びや噛み合わせのバランスだけでなく、顎関節や身体全体のバランスをくずし、肩こりや腰痛を誘発することもあるのです。歯を失ってしまった場合は、症状が悪化する前になるべく早く大阪市阿倍野区の歯医者「脇歯科医院」までご来院ください。

歯を失ってしまった場合は、早めに治療で補いましょう歯を失った際の治療法はおもに3種類あります。それは両隣の歯を削って支台とし橋(ブリッジ)のように連結した歯を装着する「ブリッジ治療」、失った歯の本数に合わせてつくる「入れ歯治療」、そして人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み人工歯を補う「インプラント治療」です。当院では主に入れ歯とインプラントをおすすめしています。

インプラント治療と入れ歯治療の特徴

  インプラント治療 入れ歯治療
  インプラント治療 入れ歯治療



  • 見た目を自然に仕上げることができます
  • 使用感が天然歯に近く、硬い物でもしっかり噛めて違和感が少なめです
  • 健康な歯に負担がかかりません
  • 比較的短期間での治療が可能です
  • 健康な歯を削りません
  • 治療費が比較的安価です
  • 一般的な治療方法ですので、多くの歯科医院で治療ができます




  • 外科手術が必要です
  • 治療費が比較的高額となります
  • 治療期間が長めです
  • 全身疾患がある場合は治療できないことがあります
  • 発音がしづらいことがあります
  • ズレやすく硬い物が食べにくいことがあります
  • 顎の骨が痩せてしまいがちです
  • 使用感、見た目ともにインプラントに劣る

インプラント治療と入れ歯治療にはそれぞれメリット・デメリットがあります。当院では、患者様の口腔内の状態の診査を基に、治療法について詳しくご説明し、患者様のご要望をお伺いしたうえでご満足いただける治療法をご提案しています。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療インプラント治療とは、チタン製の人工歯根(インプラント)を歯があった部分の顎の骨に埋め込み、その上に人工歯などを被せる治療のことです。自分の歯のように食べ物を噛めるうえ、違和感もほとんどなく装着できます。咀嚼も発音もスムーズです。また上に被せる人工歯をセラミック製にすることで、見た目にも自然で美しい仕上がりになります。

治療の流れ
STEP01
検査・診断・治療計画
STEP02
一次手術
全身の健康状態をはじめ、口腔内のレントゲン撮影などを行い、インプラントを埋め込む部位や方向などの詳細な治療計画を立てます。 歯肉を切開し、顎の骨に穴を開けてインプラントを埋め込みます。
STEP03
治癒期間
STEP04
人工歯装着
インプラントが安定するまで4~6ヶ月ほどの治癒期間を設けます。
※患部の症状次第ですが、二次手術を行う場合もあります。
歯肉の治癒を待って、歯型を取り、それを基に作製した人工歯を装着します。

当院の入れ歯治療

歯を失った場合の治療法として、昔からあり、もっとも一般的にも知られているのが入れ歯治療です。ただ入れ歯には「痛い」「しっかり噛めない」「外れやすい」「見た目が不自然」などのあまりよくないイメージがあるようです。

当院の入れ歯治療ただ、その入れ歯のイメージはほとんど保険診療のもので、入れ歯には保険診療と自由診療があります。保険診療の場合は、使用素材が限定されるので比較的安価です。自費診療の入れ歯、比較的高価にはなりますが、素材も作製方法にも選択肢が広いため、見た目や装着感などに工夫ができます。

ただ、その入れ歯のイメージはほとんど保険診療のもので、入れ歯には保険診療と自由診療があります。保険診療の場合は、使用素材が限定されるので比較的安価です。自費診療の入れ歯、比較的高価にはなりますが、素材も作製方法にも選択肢が広いため、見た目や装着感などに工夫ができます。

入れ歯作製の流れ
STEP01
カウンセリング
STEP02
検査・診断・治療計画
STEP03
印象採取・仮の入れ歯作製
患者様のお口に最適な入れ歯を作製するために、まずはじっくりお話を伺います。現在使用中の入れ歯がある場合は、その問題点や今後のご要望などをお聞かせください。 レントゲン撮影などさまざまな検査を行い、その結果を基に治療計画を立てます。患者様のご要望も考慮し、ご満足いただける計画を立てていきます。 治療計画にご納得いただけましたら治療開始です。患者様専用トレーを作製し、精密な印象を取り、仮の入れ歯を作製します。噛み合わせの確認もこの模型で再現します。
STEP04
入れ歯作製
STEP05
入れ歯装着・定期検診
患者様に仮の入れ歯を装着していただき、歯並びや噛み合わせ、顎の位置などを確認します。それに沿って入れ歯を作製します。 作製した入れ歯の軽い調整をして完成です。口腔内は時間とともに変化しますので、定期検診のたびに調整を行います。

※こちらの入れ歯作製の流れは保険診療の入れ歯の流れとは異なります。

予防歯科

  • 電話をかける
  • オンライン診療予約